傷跡が目立ちにくいです|気になるいぼは早めに治療しよう【医師に相談した方が良い】

気になるいぼは早めに治療しよう【医師に相談した方が良い】

傷跡が目立ちにくいです

顔に触れる女性

無料相談を受けましょう

いぼは皮膚の疾患のひとつですが、直径が2、3?のものから、5mm以上の大きなものもあり、首や胸元、顔などの皮膚の薄くデリケートな部分に出来やすい傾向があります。目立つ部分にいぼが出来ていると、年齢よりも老けた印象を与えてしまうので悩んでいる人が多いです。いぼはウイルスが原因の場合と、加齢や紫外線、体質などが原因で発症するケースがあります。30代後半以降の人に多い傾向がありますが、出来やすい体質の人は20代でも見られることもあります。美容外科や美容皮膚科のクリニックを受診すると、経験豊富な医師が丁寧に診察をしてくれるので、最適な治療法を提案してくれます。比較的数が少なく、小さい形状の場合は液体窒素による治療を行っています。液体窒素はマイナス200度ぐらいになっており、患部に綿棒やスプレーなどで付けて除去をする方法です。施術後は多少の痛みがありますが、予後が良い場合は水疱などができるので、3、4週間を経過すると少しずつ皮膚の状態が良くなってきます。美容外科や美容皮膚科のクリニックでは、いぼの数が多い場合は色素沈着などの原因になる可能性もあるので、勧めていないことが多いです。保険適用のヨクイニンなどの内服薬も処方してくれます。いぼはプールや銭湯などで感染することもありますが、加齢や体質が原因で起こるいぼの場合は他人に感染する心配はありません。美容外科や美容皮膚科の医師は、皮膚の状態に応じた治療法を提案してくれます。同意書や契約書にサインをすると希望の日時にいぼ除去が受けられます。直径が5mm以上の場合や、数が多い場合は炭酸ガスレーザーによる除去を勧めてくれます。炭酸ガスレーザーは短時間で施術が終わりますし、健康な皮膚にはダメージがほとんどないので、幅広い年代の人が治療を受けています。いぼ除去の治療を受けたい場合は、丁寧な問診やカウンセリングを受けた後に費用についてきちんと説明を受けて下さい。医師が提案した治療法を受ける場合は、契約書や同意書にサインをする必要があるので、印鑑を用意しておきましょう。美容外科や美容皮膚科のクリニックを選ぶ時は、症例数を数多く取り扱っており、平均的な相場の料金の所がお勧めです。いぼは体の目立つ部分にできるので、コンプレックスを感じている人が多いですが、適切な治療を受けることできれいな皮膚になれます。現代は医療技術が向上しているため、傷跡が残りにくく安全性の高い治療を心掛けています。まずは無料相談を受けて下さい。