治療に関すること|気になるいぼは早めに治療しよう【医師に相談した方が良い】

気になるいぼは早めに治療しよう【医師に相談した方が良い】

治療に関すること

看護師

知っておくと良いこと

いぼが出来た場合、ウィルス性の時は出来るだけ早く治す方が治療期間も短くなる為、病院に行く方が良いとされています。この際、受診した病院で治療法が変わり、皮膚科の場合は基本的に液体窒素を利用し、美容整形であればレーザーを利用する方法が採用されています。もちろん治療後は費用を払う必要がありますが、選んだ方法によって支払い額は変わってくる為、どこでも同じだけ払えば良いわけではありません。液体窒素を利用する場合は健康保険が適用されるので、10個未満であれば大体750円位が相場となっています。もちろん病院によって、さらに取り除く個数によってもその金額が変わりますが、健康保険が適用されるのでそれ程高額になる事は有りません。レーザーを利用する方法の場合は健康保険が適用されない事もあり、その際は全額自費になるので大体1mmあたり2000円から5000円程度が相場です。とはいえ、自費診療となるのでその費用は病院ごとに決める事が出来る為、相場よりも安い所も有ればもっと高い所も有ります。基本的にいぼを取り除く場合は、レーザーを照射する方法の方が治療期間が短くて済むと評判になっています。ただどの方法もその人の体質によって合う合わないが有るので、実際に施術を受ける際は病院に行ってよく見てもらってから施術方法を決定します。いぼ自体は2種類あり、紫外線による影響が関係している老人性の物の場合は、放置しておいたからと言ってそれ程問題は有りません。またウィルスの感染によってできてしまったいぼも急いで除去する必要はなく、時には除去しなくても抵抗力がつけば自然に無くなる事もあります。その為、もしいぼを病院で除去すると決めた場合は、今すぐに処置しなければならないと急いで病院を見つける必要はありません。本当にその病院にお願いしても良いかどうかを良く検討してから、実際に処置を受ける病院を選ぶ事も十分可能です。また液体窒素を利用する方法は1回あたりの施術の費用が安く済みますが、何度も施術を行わなければいけません。その反面レーザーを利用する方法は1回あたりの費用は確かに液体窒素に比べると高額ですが、施術は基本的に1回で済みます。したがって、どの方法が安い、高いと言うのは一概に言う事が出来ず、実際にはそのいぼのサイズや施術を受ける回数等が大きく関係してきます。費用だけでどの方法を選ぶか困っていると言う時は、トータルでどれ位の費用が発生しそうかを計算すると、どの方法を選ぶべきかが自ずと見えてきます。また綺麗に治すことが重要なので、できれば栄養バランスの取れた食事と、代謝をアップさせる為に睡眠時間を確保することが推奨されます。