気になるいぼは早めに治療しよう【医師に相談した方が良い】

医師が丁寧に診察します

女医

保険適用の治療もあります

いぼは目の周囲や首、胸元、脇の下などの皮膚が薄くて、デリケートな部分に出来やすい傾向があります。ドラッグストアなどでも市販薬が販売されていますが、いぼの形状や種類によっては効果が出にくいケースもあります。いぼをきれいに除去したい人は美容外科や美容皮膚科などで、診察を受けていぼの種類を診断してもらい、適切な治療法を提案してもらうことが大事です。美容外科や美容皮膚科のクリニックでは、液体窒素やレーザー治療、内服薬などの治療が受けられるので、納得が行くまで説明を受けることが大事です。なるべく費用を抑えていぼの治療を受けたい場合は、保険適用が受けられる液体窒素による除去がお勧めです。マイナス200度前後の液体窒素を綿棒やスプレーなどで、患部に付けて焼き切る方法です。多少は痛みがありますが、我慢できない程度ではないので安心して下さい。美容皮膚科や美容外科のクリニックでは、液体窒素による除去は大変ポピュラーになっています。3週間から1か月ぐらいを経過すると少しずつ目立たなくなり、皮膚の状態も良くなってきます。治療を受けた後は肌色の絆創膏を患部に貼ったり、抗生物質などの内服薬を服用したりする必要があります。目立つ部分に出来ているので、悩んでいる人にお勧めの方法です。直径が5mm以上の大きないぼの場合は、レーダー治療による除去を行うことが多いです。皮膚の形状に合わせてレーザーの出力を調整してくれますし、比較的痛みが少なく、傷跡も残りにくいなどのメリットがあります。美容外科や美容皮膚科を選ぶ時は、症例数を多く取り扱っており、最新の医療機器を搭載している所がお勧めです。レーザー治療は病変部分以外の皮膚には、ダメージがほとんどないのでお肌が弱くデリケートな人にもお勧めの方法です。大きめのサイズのいぼは自分ではさみなどで切ってしまうと、出血をしてしまったり、ウイルスが原因の場合は健康な皮膚に出来る場合があるので、絶対に避けて下さい。地元で評価の高い美容外科や美容皮膚科を選ぶと、費用についてもきちんと説明をしてくれるので、安心して通院ができます。定期的に通院をする必要があるので、自宅から利便性の高い立地のクリニックを選ぶことが大事です。完全個室で診察やカウンセリングが受けられるので、誰にも知られずに治療が受けられます。いぼはウイルスが原因の場合と、体質や加齢などが原因の場合があるので、医師に診断をしてもらうことが大事です。治療後のアフターケアが丁寧なクリニックをお勧めしたいです。