気になるいぼは早めに治療しよう【医師に相談した方が良い】

放置しないこと

鏡を見る女性

治療方法と予防方法

いぼというのは、気付いたら皮膚にできていたと驚かれる人は少なくありません。防ぐこともできないと勘違いしてそのまま受け入れてしまう人も多いですが、まずは医師に相談した方が良いです。何故ならば、いぼには皮膚がんや子宮頸がんといった癌を誘発させるものがあるからです。シグナルが見えているのに、そのまま放置して癌が進行してしまう前に、早期発見し早期治療をした方が完治も早まります。また、ウイルス性のいぼである場合は、そのまま放置しておくと数や範囲が増えていくことがあります。それが自分自身だけなら未だしも、ウイルス性のものは他人にも感染が拡大するものです。決して、人体に深刻なダメージを与えるものではありませんが、見た目を損なってしまうので被害が拡大する前に治療した方が良いでしょう。では、どのような治療があるのかと言うと、医薬品と外科の2つのパターンがあります。医薬品では、飲み薬や塗り薬などがあり、いぼの種類によって効果の有無が違うため、医師の処方の元で利用するのが良いです。一方、外科の場合では、いくつもの手法が取り入れられています。液体窒素を利用したものや、レーザーや電気を使ったものもありますが、一様にいぼそのものを切除してしまうため、直接的な効果が期待できます。そもそも、いぼの種類は大きく2つに分類することができ、それは「老人性イボ」と「ウイルス性イボ」です。その二つは発生する原因が違うため、予防も異なっているため、注意することが大切です。まず老人性イボは、紫外線や物理的な刺激によって誘発されてしまいます。腕や顔にできるのは紫外線が影響しており、首に出来る人は襟による皮膚への摩擦によって起こるケースが多いのです。最近の若い世代には少ないですが、長年腕時計をしていた高齢者には、腕時計を嵌めていた手首に大きないぼができることも少なくありません。そのため、老人性イボの予防には、まず紫外線に当たらないこと、もしくは、UVカットクリームなどを利用すること、さらには、無闇に肌を刺激しないように心がけることです。そして、ウイルス性イボは、文字通りウイルスに感染して起こります。その予防法については、まず感染しにくいように清潔に保つことが大切です。最近では、尖圭コンジローマという性行為によって感染するものもあるので、注意が必要です。また、ウイルス性いぼの多くは弱いため、日常的に免疫力を正常に維持しておけば感染してもそのまま死滅していまいます。なるべく、免疫力が低下しないように健康管理を心掛けるだけでも予防効果があります。

ボディ

発症した時の選択肢

いぼは加齢や紫外線、ウィルスなど原因は様々であり、それぞれに合う治療方法は異なります。放置しても問題はないのですが、他者に感染したり増殖や肥大する可能性が高いです。取り除く場合は医療機関で施術が行え、皮膚科や美容整形外科が扱っています。

女医

医師が丁寧に診察します

首や胸元といった皮膚が薄いデリケートな部分にできやすいといわれているのがいぼです。美容外科や美容皮膚科のクリニックでは、液体窒素やレーザー、内服薬などの治療が受けられるので、幅広い年代の人が通院をしています。

顔に触れる女性

傷跡が目立ちにくいです

いぼは直径が3?以下の小さいものや、5mm以上の大きなものがあるので、美容外科や美容皮膚科のクリニックで治療を受けたい人が増加しています。クリニックでは丁寧に診察をしてから、最適な治療法を提案してくれるのでまずは無料相談を受けて下さい。

看護師

治療に関すること

いぼが出来た場合は液体窒素とレーザーを照射する方法等を用いて除去出来ますが、いぼのサイズや選ぶ施術法で費用は変わります。またいぼ自体は除去するだけでなく、きれいに治すことが重要なので栄養バランスの取れた食事と睡眠時間の確保を心掛けます。

人気記事

ボディ

発症した時の選択肢

いぼは加齢や紫外線、ウィルスなど原因は様々であり、それぞれに合う治療方法は異なります。放置しても問題はないのですが、他者に感染したり増殖や肥大する可能性が高いです。取り除く場合は医療機関で施術が行え、皮膚科や美容整形外科が扱っています。

女医

医師が丁寧に診察します

首や胸元といった皮膚が薄いデリケートな部分にできやすいといわれているのがいぼです。美容外科や美容皮膚科のクリニックでは、液体窒素やレーザー、内服薬などの治療が受けられるので、幅広い年代の人が通院をしています。

顔に触れる女性

傷跡が目立ちにくいです

いぼは直径が3?以下の小さいものや、5mm以上の大きなものがあるので、美容外科や美容皮膚科のクリニックで治療を受けたい人が増加しています。クリニックでは丁寧に診察をしてから、最適な治療法を提案してくれるのでまずは無料相談を受けて下さい。

看護師

治療に関すること

いぼが出来た場合は液体窒素とレーザーを照射する方法等を用いて除去出来ますが、いぼのサイズや選ぶ施術法で費用は変わります。またいぼ自体は除去するだけでなく、きれいに治すことが重要なので栄養バランスの取れた食事と睡眠時間の確保を心掛けます。